CareleSmithひとみ
作成

ポーカーハンドについて
Porker Hands

ポーカーやその仲間のゲームで使われる役のことをポーカーハンド(porker hands)と言います。 普通は5枚のカードで役を作ります。強い役から順に紹介してゆきます。 また、同じ役の中での強さの比べ方も一緒に紹介します。

なお、ここに挙げる例では、カードのランクの順を A K Q J 10 9 8 7 6 5 4 3 2 の順であると仮定していて、ジョーカーはワイルドカード(全てのカードの代用として使えるカード)であるとします。

注意点

すべての役について共通する注意点について幾つかあげます。

まず、スートには強さがありません。 次に、役に含まれるワイルドカードの枚数は、役の強さに影響しません。 例えば、7 6 5 4 3のストレートフラッシュと、 7 ジョーカー 5 4 3のストレートフラッシュでは、 どちらも同じ強さになります。

なお、同じ強さの役同士はスートによって強さを決める、としている場合があります。 この場合は、強いスートから としている場合が多く、同じ強さの役同士なら、より高位のスートが含まれている役の方が強い役であるとします。 ここではスートには強さがないものとして説明をしますが、 ゲームを始める前にスートの強さの有無について確認した方が良いと思います。

ポーカーハンド

強いものから順に説明してゆきます。

役の説明では、最初に幾つかの例をあげます。 それは全て(同じ役の中で)強いものから順に並んでいます。

ファイブカード(five of a kind)

A A A A ジョーカー
4 4 4 4 ジョーカー

同じランクのカード4枚と、ワイルドカード1枚の組み合わせです。 ワイルドカードが入っている時だけ出来うる役です。

同じ役の中での強さの順番

より強いランクのカードが4枚ある方が強い役になります。

ストレートフラッシュ(straight flush)

A K Q J 10
6 5 4 3 2
5 4 3 2 A

同じスートの、5枚のシークエンス(連番)です。 2からAにはつながりませんが、 5 4 3 2 Aに限って2からAにつながっているものとして扱うことができます。

特にA K Q J 10のストレートフラッシュは、 ロイヤルストレートフラッシュ(royal straight flush)と呼ばれます。

同じ役の中での強さの順番

一番強いカードのランクを比べます。 5 4 3 2 Aのストレートフラッシュでは 5が一番強いカードであるとして扱われます。

フォーカード(four of a kind/quads)

A A A A Q
6 6 6 6 K
6 6 6 6 2

同じランクのカードが4枚あって、残りの1枚は別のランクのカードである役です。

同じ役の中での強さの順番

4枚あるカードのランクを比べて、より高いランクのカードが4枚ある方が強い役です。

ワイルドカードを採用している場合、同じランクのフォーカードが2つ発生することがあります。 その場合は、残りの1枚のカードのランクが高い方が、より強い役となります。

フルハウス(full house/full boat)

K K K J J
8 8 8 10 10
8 8 8 3 3

同じランクのカードが3枚と、(別のランクで)同じランクのカードが2枚ある役です。

同じ役の中での強さの順番

3枚ある方のカードのランクが高い方が強い役です。 もし3枚ある方が同じランクであれば、2枚ある方を比べて、ランクが高い方が強い役です。

フラッシュ(flush)

A 7 6 5 3
Q 10 7 6 4
Q 10 8 4 2

5枚のカードが同じスートである役です。(ストレートフラッシュになっている場合は除きます)

同じ役の中での強さの順番

各手札の、最も強いランクのカードを比べて、より強いカードがある方が強い役になります。 一番強いカードが同じランクならば、2番目に強いカード、3番目に強いカードと順々に比べます。

どのスートでフラッシュを作ったかは強さに関係しません。

ストレート(straight)

A K Q J 10
6 5 4 3 2
5 4 3 2 A

同じスートでない、5枚のシークエンス(連番)です。 同じスートであればストレートフラッシュになります。 2からAにはつながりませんが、 5 4 3 2 Aに限って2からAにつながっているものとして扱うことができます。

同じ役の中での強さの順番

ストレートフラッシュと同様に、一番強いカードのランクを比べます。 5 4 3 2 Aのストレートでは 5が一番強いカードであるとして扱われます。

スリーカード(three of a kind/trips/set)

10 10 10 K 7
7 7 7 A 6
7 7 7 9 5

同じ役の中での強さの順番

3枚の同じランクのカードのランクが高い方がより強い役です。

それが同じ場合は(ワイルドカードがある場合はありえます)、 他の2枚のカードのうち、よりランクが高い方のカードの強さを比べ、 それも同じ場合は弱い方のカードの強さを比べます。

ツーペア(two pair)

Q Q 8 8 2
6 6 10 10 A
6 6 3 3 9
6 6 3 3 10

同じランク2枚の組(ペア)が2組あり、残り1枚が違うランクである役です。

同じ役の中での強さの順番

2つあるペアのうち、高いランクの方のペアのランクを比べます。 それでも同じならば、低いホランクの方のペアのランクを比べます。 2つのペアのランクがそれぞれ同じだった場合は、ペアになってない残りの1枚のランクを比べます。

ワンペア(one pair)

A A K 10 7
9 9 Q 10 6
9 9 8 5 2

同じランクの組(ペア)が1つだけあり、他の3枚はぞれぞれ別のランクのカードである役です。

同じ役の中での強さの順番

ペアになっているカードのランクが高い方が強い役になります。 ペアが同じランク同士であった場合は、残りの3枚を、強いランクのカードから順に比べてゆきます (フラッシュの時と同じ要領です)

ハイカード(high card)

A Q J 10 7
J 9 6 3 2
J 9 5 3 2

上のいずれにも該当しないものです。

同じ役の中での強さの順番

フラッシュと同様に強いカードから順に比べてゆきます。

inserted by FC2 system