スカルト
Scarto

CareleSmithひとみ
作成

ゲームファームを参考にしました。

イタリアのピエモンテ州でプレイされている、タロットカードを使うトリックテイキングゲームです。 タロットカードを使うゲームの中では単純なルールなので、タロットのゲームの入門になります。

遊ぶ人数

3人で遊びます。

使うカードとランク

タロットカード78枚を使います。 タロットカードの構成やランクの順は、リンク先を参照してください。

カードの点数は以下の通りです。 トリックテイキングゲームのプレイで、 カードの点数を集めながらたくさんトリックを取ることが目的となります。 表にないカード(XXI I以外の切札、小アルカナの数札は全て0点です)

XXIIOKQCJ
5545432

ディール

最初のディーラーは任意で決めます。 次からはディールごとに反時計回りに交代します。 このゲームではプレイの順番も全て反時計回りです。

まず、ディーラーはカードをシャッフルして、左隣の人にカットしてもらいます。 その後、ディーラーの左隣のプレイヤーから、5枚ずつ5回配ります。 余った3枚はディーラーに配ります。 ディーラーの手札は28枚、そのほかのプレイヤーは25枚の手札が配られます。

捨て札

ディーラーは3枚手札が多いので捨て札をしましょう。

ディーラーは3枚、自分の手札から裏向きに捨てます。 この捨て札はディーラーがプレイでとったカードと同様に扱います。

ディーラーは捨て札を自由に資することができますが、次の2つの条件を守らなければなりません。

プレイ

ディーラーが捨て札をしたらトリックテイキングゲームのプレイが始まります。 オープニングリードはディーラーの左隣のプレイヤーです。 プレイの順番は反時計回りになります。

トリックテイキングゲームのプレイでは、フォローの義務があります。 また、フォローできない時は、手札に切札があれば必ず切札を出さなければなりません。 リードのスートが手札になく、さらに手札に切札もない時は好きなカードを出しても構いません。

愚者Oの役割

このゲームでの愚者Oの扱いは次の通りです。

Oはどのスートにも属しません。Oはカードのプレイの規則を無視して、いつでも出すことができます。 もしOがリードだった場合は、2人目は好きなカードを出すことができます。 3人目の人は2人目が出したカードがリードされたカードであると考えてプレイします。

Oは一番弱いカードとして扱われます。愚者を出したトリックはとることができません。 しかし、Oはトリックに勝ったプレイヤーではなく、Oを出したプレイヤーがとります。 Oが出たトリックでは、トリックに勝った人はO以外の2枚をとり、 Oを出した人はO1枚を取るということになります。

得点

25トリック終わって、手札が無くなったらプレイ終了です。 とったカードの得点の合計を求めます。 ディーラーの捨て札はディーラーの点数として、 愚者OOを出したプレイヤーの点数として数えます。

カードの点数
XXIIOKQCJ
5545432

さらに、とったカードを3枚セットにして、それぞれのセットにつき、次のように点数を修正します。 どのようにセットを作っても、得点の結果は変わりません。

点数のあるカード点数のないカード点数の修正
3枚0枚-2点
2枚1枚-1点
1枚2枚±0点
0枚3枚+1点

Oが出されたトリックを取った人は、2枚のカードが余ってしまいますが、 もう1枚点数のないカードがあるものとして点数を修正します。

OをとったプレイヤーはO以外のカードでセットを作ります。 O1枚は点数を修正しないでそのまま4点として計算します。

全員の点数の合計は、必ず78点になります。 慣れないうちは点数の計算間違えがしばしば起こるので、一度合計して検算した方が良いでしょう。

得点は、自分の点数から3人の平均点の26を引いたものです。 26点以上取った人はプラスの得点、26点取れなかった人はマイナスの得点になります。

ゲーム

このゲームは負けを1人決めるゲームです。 3ディールやって、合計の得点が一番小さい(マイナス点が一番大きい)プレイヤーが負けとなります。

inserted by FC2 system