チャイニーズホイスト
Chinese Whist

CareleSmithひとみ
作成

トランプゲーム大百科(1998、社会思想社、デヴィッド・パーレット著、松田道弘訳)や、 http://www.toothycat.net/wiki/wiki.pl?PlayingCards/Whist#uid-8を参考にしました。 参考文献にはあまり詳しくルールが書いてなかったので、筆者が手を加えた部分があります。

ホイストのバリエーションのトリックテイキングゲームですが、歴史などはわかりませんでした。 誰かくわしく知っている人がいれば教えて下さい。 名前にチャイニーズと入っているので、中国と関連あるのでしょうか。

遊ぶ人数と使うカード

2から4人で遊びます。 4人で遊ぶ時は、向かい合った2人でパートナーとなります。

カードは通常の52枚のカードを使い、3人でやる時は各スートの2を抜きます。 カードのランクは、2 3 4 …… 10 J Q K Aの順で強くなります。

ディール

最初のディーラーは任意で、次のディールからは時計回りに交代します。

カードの配り方が特徴的です。 4人でプレイする場合は、それぞれのプレイヤーの前に、裏向きで6枚ずつ配ります。 その次に、配った裏向きのカードに重ねて、6枚ずつ表向きで配ります。 そして、プレイヤーに1枚ずつ配り、これは手に持ちます。 手に持ったカードは、自分だけが表を確認できて、自分以外の人には表を見せてはいけません。

このように、裏向きで何枚か配り、その上に表向きのカードを重ね、数枚のカードを手札として配ります。 人数ごとにその内訳は変わります。2人でやる時は好きな方を選んでください。

人数裏向きで配る枚数手に持つカードの枚数
2人106
122
3人72
4人61

プレイ

ディーラーが切札を決めて、ディーラーの左隣のプレイヤーがオープニングリードをします。 マストフォローのトリックテイキングゲームです。

プレイできるカードは、手に持っているカードか、自分の前で表向きになっているカードです。 自分の前で表向きになっているカードをプレイして、裏向きになっているカードが現れた場合、 その裏向きになっているカードは次のトリックのリードの直前に表向きにします。

得点

特に得点のつけ方に規定はないようですが、以下のようにしてつければいいでしょう。

2人の場合

全部で26トリックあるので、目標は13トリックになります。 とったトリック数から13を引いたものがそのまま得点になります。 13トリック取れなかった場合はマイナス点です。 全員の合計点は0点になるはずです。

3人の場合

全部で16トリックあり、目標は5トリックです。 とったトリック数から5を引いたものがそのまま得点になります。 2人の場合と同じように、とったトリック数が5トリックより少なければ失点です。 全員の目標の合計より、全部のトリック数の方が多いので、ディールを行うたび全員の合計点は1点ずつ増えます。

4人の場合

全部で13トリックあり、ホイストと同じように、パートナーと合わせて過半数の7トリックを取ることが目標となります。 7トリック以上とったペアが、とったトリック数から6を引いた数だけ得点します。 7トリック取れなかったペアは何も得点しません。

ゲーム

特にゲームの終了条件は決まっていませんが、ディール数を決めて、 目標の得点を定めて、先にその得点に達した人が勝ちとすればよいでしょう。

inserted by FC2 system