カーネフェル
Karnöffel

CareleSmithひとみ
作成

ゲームファームpagat.comを参考にしました。 http://home.earthlink.net/~guardcaptain/Karn.htmlのWebアーカイブも参考にしました。 http://www.davpar.eu/histocs/karnoeffel.html にも詳しい情報が書かれています。(まだ読んでいませんが)

ドイツを中心に遊ばれていたようです。1426年には記録に現れています。 ルールがわかっているゲームとしては最古の部類です。 トリックテイキングゲームにおいて、 最初に切札が登場したのがこのゲームであると考えられています。

ここで紹介するのは、現在使われているトランプで遊べるように、いくばくかルールを調整したものです。

使うカードと遊ぶ人数

4人でプレイします。向かい合った2人はパートナーになります。

使うカードは、通常のトランプからA4枚を除いた、48枚です。

ディール

初めのディーラーは任意に決めましょう。 次からは、ディーラーは時計回りに交代したらよいでしょう。

ディーラーは、ディーラーの左隣から、まず表向きにカードを1枚ずつ配ります。 表向きに配るのは、切札(後述)を決めるためです。 その後、裏向きにして1枚ずつ4回配ります。

全員の手札は、表向きに配られた1枚を含めて、5枚になります。

プレイ

ディーラーの左隣の人からプレイをします。 トリックテイキングゲームのプレイに従いますが、 リードのスートをフォローする義務はありません。 好きにカードを出して良いです。 カードのランクについてはで説明します。

そのトリックの中で、一番強いカードを出した人がトリックをとって、次のリードをします。 取ったトリックはパートナーで共有します。

プレイ中にはどのような会話をしても構いません。 パートナーと戦略について話すこともできます。

切札とカードのランク

切札は、ディールするときに、表向きに配ったカードの中で、最もランクが小さいカードのスートが切札になります。 この時に限って、ランクはKが最も大きく、2が最も小さいものとします。 もっとも小さいランクのカードが2枚以上配られた場合は、先に配られた方のスートが切札になります。

プレイにおける、カードの強さは、強いものから順に次のようになっています。

  1. 切札のJ(カーネフェル)
  2. リードした時の、切札7(悪魔)(オープニングリードにはプレイできません)
  3. 切札の6(教皇)
  4. 切札の2(皇帝)
  5. リードされたスートのK
  6. 切札の3(クイーン取り)
  7. リードされたスートのQ
  8. 切札の4(ジャック取り)
  9. リードされたスートのJ
  10. 切札の5(数札取り)
  11. リードされたスートの10210が最強、2が最弱)
  12. それ以外のカード

「それ以外のカード」というのは、切札のスートの8 9 10 Q Kと、 リードされたスートでも、切札のスートでもないカード、そしてリードではない切札の7です。

ゲーム

どちらかのペアが3トリック取ったら、そのペアが勝ちでゲームが終わります。

inserted by FC2 system