ミゼルカ
Mizerka

CareleSmithひとみ
作成

ニコリ130号、ゲームファームpagat.com などを参考にしました。

ポーランドで古くから遊ばれているトリックテイキングゲームです。

複数の種類のコントラクトから1つを選んでプレイするタイプのゲームです。 このタイプのゲームにしては、ゲームにかかる時間は短い方です。 ただし、短いと言っても1時間程度(初めてのプレイでは3時間程度)かかるので、 まとまった時間が取れる時じゃないとプレイできません。

使うカードと遊ぶ人数

3人で遊びます。

使うカードは通常のトランプ52枚で、 ランクは強いものから順に A K Q J 10 9 8 7 6 5 4 3 2 です。

コントラクト

先に説明した通り、ミゼルカは複数あるコントラクト(ゲームの種類)からひとつ選んで、 プレイをするゲームです。 まず最初に、コントラクトの説明をします。コントラクトは6種類あります。

スペード、ハート、ダイア、クラブ
それぞれのスートを切札にしてトリックをたくさんとることを目標とします。
ノートランプ
切札なしでトリックをたくさんとることを目標とします。
ミゼルカ
切札なしでトリックをとらないことを目的とします。

トリックをとるコントラクトの目標は、次のようになります。 目標より多く取ったトリックの数がプラスの得点に、 目標に足りなかったトリックの数がマイナスの得点になります。

ミゼルカ以外での目標
デクレアラー7トリック
2番目の人5トリック
ディーラー1トリック

ミゼルカのコントラクトの目標は、次のようになります。 目標より多く取ったトリックの数がマイナスの得点に、 目標に足りなかったトリックの数がプラスの得点になります。

ミゼルカの時の目標
デクレアラー1トリック
2番目の人5トリック
ディーラー7トリック

それぞれのコントラクトは1人1回ずつ選びます。 したがって、1人6回コントラクトを決めて、それが3人いるので、18ディールで1ゲームとなります。

ディールとコントラクト決め

最初のディーラーは誰がなっても構いません。 次のディールからは時計回りに交代します。 また、ディーラーの左隣の人はデクレアラー(コントラクトを決める人)になります。 ディーラーが交代するとデクレアラーも交代します。

ディーラーはカードを各プレイヤーとテーブル中央に1枚ずつ配ります。 中央に配るカードはタロン(talon)と呼ばれ、 後で手札と交換できるカードとなります。

ディーラーはカードをそれぞれのプレイヤーとタロンに6枚ずつ配ったところで、 一度配るのをやめます。 そこで、デクレアラー(ディーラーの左隣)が配られた6枚のカードを見てコントラクトを決めます。 今まで自分が選んだコントラクトは、再び選ぶことはできません。

デクレアラーがコントラクトを決めると、ディールが再開されます。 残りのカードもそれぞれのプレイヤーとタロンに1枚ずつ配って、 全員の手札、およびタロンの枚数はそれぞれ13枚になります。

手札の交換

13枚すべての手札が配られたら、デクレアラーから順に手札を交換することができます。

まず、デクレアラーは、手札から好きな枚数だけ捨て札をします。 そして捨てた枚数と同じ枚数だけタロンから補充します。 (捨て札はタロンとは別のところに裏向きでおきます)

デクレアラーの次の人も同様に捨て札をして、 捨て札と同じ枚数だけタロンから補充しますが、 この時、捨て札にできる上限の枚数はタロンの枚数です。 タロンの枚数以上の捨て札はできません。

2人が交換をして、なおタロンが残っているならば、ディーラーも同様な交換をすることができます。

プレイ

手札の交換が終わったら、トリックテイキングゲームのプレイが始まります。 オープニングリードはデクレアラーです。リードのスートをフォローする義務があります (マストフォローです)

得点

13トリックのプレイが終わると、得点をつけます。 得点のつけ方はコントラクトの説明で示した通りです。

得点表の様式は幾つかありますが、ここでは私が使っている様式の得点表を例示しておきます。

ミゼルカ得点表
ミゼルカ得点表
記入例
記入例

ゲーム

全員がデクレアラーになって6つすべてのコントラクトのプレイが終わると、 すなわち18ディールを終えるとゲームは終了します。 得点の合計が高い人から順位がつきます。

inserted by FC2 system