ナップ
Nap

CareleSmithひとみ
作成 訂正

ゲームファームpagat.com、 トランプゲーム大全(2014、スモール出版、赤桐裕二著)などを参考にしました。

19世紀後半にイギリスやヨーロッパで盛んになった、簡単なトリックテイキングゲームです。 今では最も栄えていた時期ほどの人気はありませんが、今でもポピュラーなゲームです。

ここでは、少し古めのルールを紹介します。今、広く行われているルールよりもわかりやすいからです。 その後、現在広く行われているルールと、 バリエーションを紹介します。 なお、日本のナポレオンとは別のゲームです。

遊ぶ人数と使うカード

2人から8人いれば遊べます。 特に、4人以上いれば面白く遊べます。

カードは通常の52枚のカードを使います。ジョーカーは使いません。 カードのランクは、強いものから順にA K Q J 10 9 8 …… 2です。

得点のやり取りにチップを使ったほうが楽なので、チップを用意したほうがプレイしやすいです。 チップを用意できなくても、支払ったチップをマイナス点として、受け取ったチップをプラス点として記録することができます。

ディール

初めのディーラーは任意に決めます。次のディールからは時計回りに交代します。

ディーラーは、一人当たり5枚ずつ配ります。 配り残りはまとめて横に置いておき、このディール中には使用しません。

ビッド

ビッドから始めます。ディーラーの左隣から時計回りに、1巡(一人1回ずつ)だけ行います。 行うことのできるビッドは、以下の通りです。 表の下に行くほど、強いビッドとなっています。

ビッド目標切札得失点
Oneワン1トリック以上とるあり+1-1
Towツー2トリック以上とる +2-2
Threeスリー3トリック以上とる +3-3
Misereミーゼル全トリック負けるなし+3-3
Fourフォー4トリック以上とるあり+4-4
Napナップ全トリックとる +10-6
Wellingtonウェリントン +20-12
Blucherブリュッヒャー +40-24

なお、ワンとブリュッヒャーのビッドは、オプショナルで、(特にワンのビッドは)採用しないこともあります。

最初にビッドをするプレイヤーはどのビッドを行うこともできますが、以降のプレイヤーは今までのビッドより強いビッドしかできません。 しかし、ウェリントンは、ナップがビッドされた時にしかビッドできず、 ブリュッヒャーはウェリントンがビッドされた時にしかビッドできません。 ビッドをしたくないときはパスをすることもできます。

ビッドが1巡して、最後にビッドしていた人(すなわち一番強いビッドをした人)がデクレアラーになります。 もし全員がパスをしたら、ディーラーを変えて配り直しです。

プレイ

デクレアラーがオープニングリードをして始めます。 普通の、マストフォローのトリックテイキングゲームです。 リードのスートはフォローしなければなりません。 また、切札ありのゲームでは、オープニングリードのスートが切札になります

得点

ビッド表に書いた通りにチップを授受します。 デクレアラーが目標を達成できたら、得点欄の左に書いてあるだけのチップを全員から受け取ります。 目標達成をできなかった場合は、全員に得点欄の右に書いてあるだけのチップを支払います。

ゲーム

何ディールかやって、チップの一番多い人が勝ちです。 終了するタイミングは、全員が同じ回数ディーラーをやった時か、 誰かが破産した時にすれば公平になるでしょう。

現在行われているルール

ここに説明したルールは、少し古いルールで、現在広く行われているルールは次のようになります。

カード

人数に応じて、適当にカードを減らします。 使用するカードを減らした方が、よりシリアスなプレイができます。 次の表は一例です。

人数抜くカード
3人82
72
4人72
5人52
62
72

ディール

カードを配るとき、まず2枚まとめて配り、次に3枚まとめて(もしくは3枚-2枚の順で)配ります。

最初のディールが終わって、次のディールからは、カードを集めてからシャッフルはせず、カットをするだけとします。 シャッフルするのは、ゲームの最初と、ナップ以上のビッドが成立したときです。

inserted by FC2 system