セブンブリッジ
Seven Bridge

CareleSmithひとみ
作成

任天堂のトランプに付属していた説明書の記述を基にしています。 一部pagat.comWikipediaの記事も参考にしています。

日本発祥のゲームです。 麻雀のように、同じランクのカードや、 同じスートのカードでシークエンス(連番)でメルドを作る、ラミー系のゲームですが、 他の人の捨て札を使ってメルドを作れることが特徴です。 これは、麻雀でいう副露に当たって、このおかげでよりこのゲームが麻雀に似たゲームとなっています。

使うカードと遊ぶ人数

2から5人で遊びます。 使うカードは通常のトランプにジョーカー1枚を加えた53枚です。

カードの点数は次の通りです。 なお、この点数は罰点であって、点数が少ない人の方が勝ちとなります。

カードの点数
210数字の点数
A,K,Q,J10点

さらに、7が手札にあると、1枚につき点数が2倍になります。 ジョーカーが手札にあると点数は5倍になります。

ディール

最初のディーラーは任意に決めます。 以降のディールでは、時計回りの順にディーラーが交代します。 ディーラーは1人に7枚ずつ配ります。 余ったカードはテーブルに山札として、まとめて伏せて置いておきます。

目的

このゲームの目的は、メルドを作って手札をなくすことです。 メルドとは、以下の二つのことを指します。

なお、A23……というシークエンスと、 ……QKAというシークエンス、どちらも作ることができますが、 ……KA2……とはつながりません。 ただし、7を含むメルドは特殊です。

ジョーカーはワイルドカードで、適当なカードの代わりとして使うことができます。 例えば、44ジョーカーでメルドしたり、 45ジョーカーでメルドしたりできます。 なお、ジョーカー7の代わりに使って2枚でシークエンスを作ること、 例えば6ジョーカーでシークエンスにすることはできません。

プレイ

ディーラから時計回りの順でプレイします。 プレイでやることは、以下の順です。

  1. 山札から1枚手札に加える
  2. メルドを作る
  3. 手札から1枚捨てる

「メルドを作る」について説明します。 手札にメルドとなるカードがある場合は、この時に自分の前に出します。出さなくても構いません。 シークエンスはきちんと順番に並べて出します。 ジョーカーを使った場合は、どのカードの代わりに使ったかわかるようにしておきます。 また、自分の前にメルドを出している人は、 自分もしくは他の人の前に出してあるメルドに、カードを付け加えることができるのならば、 カードを付け加えることができます。シークエンスを伸ばしたり、同じランクのカード3枚組を4枚組にしたりなどです。

捨て札は、山札の隣に、表向きで重ねて置きます。

ポン・チー

通常のプレイとは別に、「ポン」や「チー」というプレイをすることができます。 いずれも、他の人の捨て札をとって、自分がメルドを作るというプレイです。

誰の捨て札でもいいので、誰かの捨て札と自分の手札で同じランク3枚以上の組のメルドができる場合、 「ポン」と言ってその捨て札をもらうことができます。 この場合、すぐさまポンしたカードでできたメルドを自分の前に出します。 もし、2人がポンした場合は、ジョーカーを持っている人が優先されます。

プレイの順番が一巡した後に、 プレイの順番が直前の人の捨て札と手札を合わせて、新しくシークエンスを作ることができる場合、 「チー」と言ってその捨て札をもらうことができます。 この場合、すぐさまチーしたカードでできたメルドを自分の前に出します。 もし、同時にポンもあれば、ポンが優先されます。

ポンやチーがあったら、その人はメルドを作って手札を捨てます。 これでその人のプレイは終わります。 次にプレイする人は、その人の次の人です。 したがって、ポンの時は、プレイの順番を飛ばされる人がいるかもしれません。

ディールの終了と得点

誰かが手札を全てなくすとゲーム終了です。 この時点で残っている手札の点数がそのまま罰点になります。 もし、自分がメルドしてない時に、1回のプレイで全ての手札をなくした場合 (この場合は他人のメルドに付け加えても構いません)、 その人はボーナスで罰点が50点差し引かれます。 罰点はディールごとに累計されます。

ゲーム

ゲームの終了の条件は時に決まってません。 あらかじめターゲットスコアを決めて、罰点の累計がそれに達した人が出た時点でゲームをやめるか、 ディール数をあらかじめ決めておきましょう。 罰点の累計が少ない人が勝ちです。

inserted by FC2 system