スニップ・スナップ・スノーラム
Snip Snap Snorum

CareleSmithひとみ
作成

ゲームファームを参考にしました。 Snip Snap Snoremと綴られることもあります。 同じくスニップ・スナップ・スノーラムと呼ばれることもある、 ジグ(Jig)というゲームのルールは別のページにまとめました。

アメリカやイギリスでプレイされているゲームです。 少なくとも18世紀までは歴史を遡ることができる、古いゲームです。 チップを使った遊び方もあるようですが、チップを使わない遊び方を紹介します。

使うカードと遊ぶ人数

何人でも遊べますが、だいたい3〜8人で遊びます。 使うカードは通常のトランプ52枚です。

ディール

最初のディーラーは任意、次のディールからは時計回りに交代します。

ディーラーは各プレイヤーに1枚ずつ手札を配り、全てのカードを配りきります。 人によって手札の枚数にばらつきが出ることがありますが、気にせず全てのカードを配ります。

プレイ

ディーラーの左隣の人が、手札の中から好きに1枚カードをテーブルに出します。

次にその左隣のプレイヤーから順に、出されたカードと同じランクのカードを持っていれば出します。 もし2枚以上持っていれば、好きな方1枚を出します。 持っていない場合はパスと言います。

カードを出すとき、それがテーブルに出す2枚目のカードであれば、スニップ(Snip)、 3枚目のカードであれば、スナップ(Snap)、 4枚目のカードであれば、スノーラム(Snorum)と言いながら出します。 スノーラムで同じランクのカードが4枚テーブルに出ることとなります。

スノーラムまでたどり着いたら、テーブルに出たカードを脇によけて、 スノーラムした人が手札から1枚好きにカードをテーブルに出して、同様なプレイを続けます。

ゲーム

自分の手札をなくした人がいると、その人が勝ちでゲームが終わります。

inserted by FC2 system